森崎書店の日々 古本屋に行きたくなるわ

先日、ツタヤで
レトロ風なパッケージが気にいり
借りてしまった「森崎書店の日々」。

 

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥3,347 (2022/10/01 03:57:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

うん。なんか良かったわ。

 

この映画の舞台は
「神保町」の古書街で、

私も学生の頃は
何度か訪れたことのある町で・・・。

神保町の古書街を
また歩きたくなった。

この映画を見たあとは、
違う目線で古書街を歩けそうだわ。

 

そしてお土産は
映画にでてきる「たい焼き」に
決まりだわね!

 

内容は、
一言でいえば、

「心のリハビリ」というところでしょうか。

 

恋愛に傷ついた貴子さんが、

おじさんが営む古本屋さんで、
本と心を許せる人々に囲まれて、
心を癒していく・・・。

 

こちら、同タイトルの小説が原作で、

 

created by Rinker
¥524 (2022/10/01 03:58:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

このストーリーには続きのお話があって、

 

created by Rinker
¥565 (2022/10/01 03:58:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

続編では、

 

おじさんの奥さんが登場します。

あとは、貴子の恋愛とか・・・。

ちなみに、続編は映画化されてません。

 

小説もDVDも、
読み終わったあと、
見終わったあとは、

読書熱がメラメラと湧いてきます!!

 

「続」の方で、

 

話題になっていた「稲垣 足穂」の作品集を
古本屋さんに探しにいってしまいましたが、

 

立ち読みしたところ
私には難解すぎて、理解不能・・・。

買わずに帰ってきました。(;´Д`)保存

保存


ご訪問ありがとうございます。
猫とのシンプルな暮らしを目指しております。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


コメントを残す