猫に首輪は危険!!

我が家の猫には
首輪はつけていません。

 

それは、初代猫のビビに
事故があったから。

 

ビビは、初代ということもあり、

脱走防止のために
「迷彩柄に鈴」がついた首輪を
させていました。

猫の首輪は危険

首輪には、

 

万が一、脱走してしまった場合の迷子防止に
電話番号が入った
特注のプレートまでつけていました。

 

 

created by Rinker
夢工房
¥1,080 (2022/10/01 09:21:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

しかしある日、
事故が起こったのです。

 

ロールカーテンのレールの端から
下がっていた紐に
首輪がひっかかり、

宙づりになって
しまったのです。

 

その首輪、
強い力が加わると
「自然にはずれる」(セーフティーアジャスター付)

 

説明書きに書いてあったのに!!

 

全くはずれませんでしたよ( ゚д゚ )

 

 

それからはもう怖くて、

首輪なんて
危ないものは
つけさせません。

 

セーフティーアジャスターなんて
信用できません。

(おそらく、アジャスター方向にまっすぐに力が加われば外れるのかもしれませんが、
斜めや、垂直方向の力には効果がないのだと思われます。)

 

そしてロールカーテンも撤去。

 

立体的に動く猫には、
首輪が逆に命を縮めることに
なりかねないのです。

 

 

脱走した時のために
迷子防止に首輪をつけているという
家庭もあると思いますが、

家庭内での首輪をつけていることの
リスクも考えて欲しいし、

 

脱走後に、
首輪が原因で
事故になる可能性もあります。

 

 

それに脱走は、
脱走経路となりうる場所に
二重・三重の防衛策をとれば防げます。

 

 

それでも心配だったら
マイクロチップという方法も・・・。
(これもデメリットがあるようですが・・・)

 

 

何に重きをおくかは、
飼い主しだいですが、
こういうケースもあるということで・・・。

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存


ご訪問ありがとうございます。
猫とのシンプルな暮らしを目指しております。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


コメントを残す